専門の対策講座を自宅で受講!通信ならではのメリットで、効率の良い学習を

メインイメージ

合格者のほとんどが実践している、“効率重視な学習法”

さて、前ページの終盤でも少しご説明したとおり、社会保険労務士試験で合格を目指すにあたっては独学では対策が難しい場面がいくつもあります。
一般常識の学習もその一例ですし、それ以外の法の理解をスムーズに進める上でも、“独りよがりの学習”ではなかなか上手くいかないこともあるでしょう。

社会保険労務士試験合格のために必要なのは、やはり「専門の対策」
具体的には、「試験の傾向をしっかりと踏まえた教材やカリキュラム」で学ぶことに他なりません。
完全に素人計画の独学か、受験のプロによる対策講座か。どちらが合格への近道かは、一目瞭然ですよね。

 一般的に、資格取得のための学習というと、どうしても予備校への通学をイメージしがちです。しかしながら、予備校に通うためには時間もお金もかかるため、「あまり現実的な選択肢ではないな」と感じる方も多いかもしれませんね。
日々忙しく生活する中で、しかも金銭的にゆとりのない中で社会保険労務士試験合格を目指すには、予備校は敷居の高い選択肢であると思います。

そんな中、注目されているのが「通信教育」という学習スタイルです。

「通信教育」なら、受験のプロが考案した教材と学習カリキュラムをこなすだけで万全な受験対策を施すことが可能です。いつ学習するかはアナタ次第、臨機応変にスケジュール調整できるので、融通の利かない予備校通いよりも断然長続きしやすいんですね。
校舎に通う時間は不要ですし、受講料も通学よりリーズナブルなケースがほとんどとあって、今、多くの受験生に支持されている学習スタイルなんです。
私自身、社会保険労務士試験受験生時代には通信教育にお世話になりましたし、現在も通信講座の講師を担当しています。
社会人の資格学習において、通信教育受講生はここ数年確実に数を増しており、実績としても格段に向上しているなぁという印象を受けます。

 さて、受験生であれば気になってくるのが「どの通信教育が良いか」という問題です。
最近では、社会保険労務士試験対策と名の付く通信教育がぐんと増えましたからね。
選択肢が増えることは受験生にとって良い流れである反面、講座の良し悪しを見極める目がますます問われることになるわけですから、そういった面での難しさは否めません。
社会保険労務士試験対策の通信教育はどれが良いのか、それは講座と個々の受験生との相性の問題がありますので、一概には言えません。
しかしながら、優良講座のひとつの特徴として挙げられるのが「サンプル教材を提供しているかどうか」です。
サンプル提供ができるのは、教材や講義のクオリティに自信がある証拠。
また、受講生にとってみても、受講してから「こんなはずじゃなかった」という失敗を防げますから、サンプルを基準に講座選びをする方が安心ですよね。
ぜひ実際に自分の目で見て確かめて、アナタにとっての“良い講座”を見極めてください。

下記に、サンプル提供のある社会保険労務士試験通信教育をいくつかまとめておきます。
このように並べてみると、大手ほどサンプルを提供しておらず、やはり通学メインであることが分かりますね・・・
さておき、気になるものは積極的にサンプルをチェックしてみてください!

⇒フォーサイト(サンプル教材請求可)
⇒ダイエックス(サンプル講義、教材の閲覧可)
⇒エル・エー(ガイダンス、サンプル講義視聴可)
⇒iDE社労士塾(サンプル講義視聴可)
⇒たのまな(ヒューマンアカデミー)(教材サンプルムービー視聴可)

>>この方法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。