会計事務所や税理士事務所など、労務・社会保険関連有識者へのニーズは高い

メインイメージ

会計事務所や税理士事務所など、労務・社会保険関連有識者へのニーズは高い

社会保険労務士のお仕事で、意外と多いのが「他士業事務所での勤務」です。
特に会計事務所や税理士事務所などでの求人を見かけるのですが、こういったところでも社会保険労務士の知識を活かした仕事ができるのですね。
実務の世界をあまり知らない方にとっては、「そんな道もあるのね」と新鮮に感じられるのではないでしょうか?

 他士業事務所での社会保険労務士のお仕事は、独立・開業の場合とさほど変わりません。
労務や社会保険関連の書類作成と届出、就業規則の作成と届出、さらには顧問先への労務コンサルティングなど、メインは社会保険労務士の独占業務となります。
この場合“事務所内開業”が認められることも珍しくなく、「資金面で個人での開業が難しい」という方にとっては理想的なスタイルで社会保険労務士を名乗ることができるようになります。
しかしながら、経験者によると「社会保険労務士としての仕事以外の業務、例えば税理士や会計士の関連事務にも携わらなければならない」「報酬の取り決めが難しい」など、事務所内開業特有の難しさもあるようです。
結局その方のケースでは、事務所内開業の社会保険労務士を名乗りつつも報酬は一般事務時代と同じ、という現状のようです。
ただし、元々事務所が抱えていた顧客の関連業務として幅広く社会保険労務士の仕事に関わっていけるという点で、お金には代えがたい「経験」を得ることができるのでそれなりに満足しているとのことです。
確かに、実務の修行をさせてもらえる場は貴重ですし、一応自分の名前で仕事ができるわけですから、報酬以上のメリットは期待できそうですね。
また、他分野のプロフェッショナルの仕事ぶりから学べることも多いのではないでしょうか?

 他士業事務所で、社会保険労務士にしかできない仕事をする。
これも社会保険労務士の働き方のひとつですね。士業ならではの、専門性を活かした働き方が実現します。

>>この方法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。