試験で学んだ年金の知識を、「実務に活きる知識」に

メインイメージ

年金知識をフル活用、年金事務所でのお仕事

社会保険労務士といえば、労務のみならず年金のスペシャリストとしても名高いライセンス。試験勉強においてはかなり受験生の悩みのタネとなる年金分野ですが、実務の場面では大きな強みとして仕事に活かしていく道があります。
そのひとつが、「年金事務所での勤務」です。

 年金事務所で勤務するケースは、社会保険労務士としての仕事の中でも比較的多いと思います。年金に関する相談窓口になったり、実際に事務処理に携わったりと、仕事の幅は実に多岐に渡りやりがいは十分です。
一方で、年金といえば最近何かと話題のトピックスですから、一般の方の窓口になる場合には色々と大変なことも多いかと思います。
しかしながら、年金のことを正しく伝えていくことは社会保険労務士の大事な仕事ですから、そんなところに醍醐味を見出せる方も多いのではないでしょうか?
また、常に最新の年金情報に触れる機会を得られるのも、年金事務所勤務ならではのメリットです。通常、社会保険労務士試験以降知識は劣化していく一方ですが、年金のプロとして働くことによって高い意識を保てそうですね。

 年金事務所で働くために、社会保険労務士資格が必ずしも必要なわけではありません。
よって、社会保険労務士の仕事としては「お給料がちょっと・・・」という点は、年金事務所勤務のネックとなるでしょう。
また、正規ではなく有期雇用の準職員としての採用も多く、安定性という観点からはあまり期待できないことも問題です。契約の更新ができれば良いのですが、確実でない上に更新についての上限回数も決まっているようです。
また、募集の時期も不定期なので、常に目を光らせておかなければなりません。

 「年金に関わる仕事がしたくて、社会保険労務士になった」「独立・開業は自信がないし、社会保険労務士事務所の求人も見当たらない」という方であれば、まずは年金事務所の門を叩いてみるのもよいでしょう。
社会保険労務士の知識を活かし、やりがいある仕事に携わることができるはずです。

>>この方法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。