実務未経験者にオススメ!働きながら仕事のノウハウを学ぶ

メインイメージ

まずは実務のお勉強、社会保険労務士事務所勤務

「社会保険労務士として仕事をしたいけれど、実務経験が全くないので不安」
 「今すぐに独立・開業しても、成功する気がしない」
そんな方にオススメの働き方といえば、「社会保険労務士事務所勤務」という選択肢です。
ある程度規模の大きな事務所では人を雇って業務をこなすケースがほとんどですから、そういった事務所にもぐりこんで仕事をさせてもらうのです。
事務所的には人材が増えて助かりますし、自分的にも社会保険労務士の仕事を学べるとあって、事務所勤務は独立・開業の次に多い働き方であると言えるのではないでしょうか?

 「社会保険労務士が他事務所で仕事するなんて、下働きのような感じでやりがいがなさそう・・・」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、考えてみてください。
資格取得後、もしもすぐに独立・開業したとしましょう。
果たして、初日から社会保険労務士として何かしらの案件に関わることができるでしょうか?
通常、「営業をして、やっとのことで仕事をひとつとって・・・」という流れが想定されますから、即稼働ということにはならないと思います。
しかしながら、すでにある程度案件を抱える社会保険労務士事務所で仕事をする場合、すぐにでも実務経験を積むことができるのです。実務未経験者にとって、これってかなりのアドバンテージになりますよね!
独立・開業者の中にも、「まずは他の事務所で修行してからひとり立ち」というケースは多いようです。運がよければ、親方(?)から顧客を分けてもらえることもあり、開業にあたってはよりスムーズなスタートを切ることができそうですね。

 しかしながら、もちろんネックとなるポイントもあります。
まずひとつめに社会保険労務士事務所の仕事は総じて「お給料が低い」という点、そして「求人数自体が少ない」ことも覚悟しておかなければならないでしょう。
また、あまり大きな声では言えませんが、事務所によってかなり当たりはずれがあることも忘れてはなりません。「次世代を担う社会保険労務士をしっかりと育てよう」という所長がいらっしゃる一方で、「安くこき使おう」というオーラたっぷりの事務所もあるようですから、事務所選びにもこだわらなくてはなりません。

>>この方法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。