年収1,000万円も夢じゃない?!頼れる企業のアドバイザー

メインイメージ

資格ひとつで食べていく!独立開業

「社会保険労務士として仕事をしたい!」という方の中には、おそらく「独立・開業」を夢見ているケースが実に多いのではないでしょうか?
資格を取得して、自分の腕一本で食べていく。もちろん何かと苦労は多そうですが、一方で、大きなやりがいや充実感を感じられそうですね。「独立・開業のために士業を目指す」という方も決して少なくないでしょう。
よってこの「独立・開業」は、社会保険労務士としての仕事の仕方でも、とりわけポピュラーなスタイルであると思います。

 それでは、社会保険労務士として独立・開業した場合、どんな仕事ができるのでしょうか?具体的に、仕事の概要をみていくことにいたしましょう。
社会保険労務士の仕事の中核となるのは、ズバリいくつかの「独占業務」です。
独立・開業後、人によってどんな分野を専門にしていくかはそれぞれ異なるかと思いますが、切り口は違えど社会保険労務士にしか許されていないいくつかの業務を中心に従事することになるでしょう。

社会保険労務士の独占業務の例として、具体的には「労働保険や社会保険の手続きに係る書類の作成や官公庁への提出」、「就業規則の作成、届出」、「厚生労働省管轄の各種助成金の申請」などが挙げられます。
こうした業務は社会保険労務士にしか取り扱うことのできない仕事です。
この特性を踏まえて、企業の総務全般を扱うバックオフィスとして展開するのか、助成金の申請をメインにするのか、もしくは障害年金など受給権獲得が難しい年金を専門にするのかなど、自分なりの強みを検討していくのが最もスタンダードです。

 さて、独立・開業型の場合、おそらく「社会保険労務士として仕事などとれるのか?」という懸念が常に付いてまわることになるでしょう。
実際に、「開業したものの約半数は1年以内に廃業する」というデータもあるくらいですから、道は決して平坦ではないようです。
しかしながら、「アナタ自身が成功するかしないかは、やってみなければ分からない」というのもまた、事実。ひょっとしたら何かの縁で仕事が舞い込み、社会保険労務士として成功できるかもしれません。また、独立・開業すれば「行政協力」を重ね、少しずつ経験を積むことも可能。想像以上に、道はいくらでもあります。

一番いけないのが、挑戦する前から諦めることです。
現に社会保険労務士一本で立派に仕事をして、稼いでいる方は数多くいらっしゃいます。
アナタのアイディアと工夫、そして営業力次第では、独立・開業は無限の可能性を秘める選択肢であるともいえるでしょう。

>>この方法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。